#10 2013-2014 孤高の元旦宗谷岬アタック-4

by 十兵衛 on 2014年2月28日, no comments

DSC_7476

あけましておめでとうございます、って目が覚めたら外が賑やかです。もそもそ出て行った瞬間眠気も覚めました。記念キーホルダーをもらう長蛇の列が出来上がっちゃってます。

でも・・・並ばないと始まらないので不安ながら最後尾に並びました。 

******************************************************************

DSC_8074

まだ間に合いました。先着何名かはもうひとつ粗品を頂けるようでしたが私はこれで十分。ほんとに後は無事におうちへ帰るのみとなりました。

******************************************************************

DSC_7487

夜中に少し降ったみたいですね。

******************************************************************

DSC_7483

それでも降った内にも入らないくらいの雪です。よく覚えておいてください。一晩放置してこの状態でした。

******************************************************************

DSC_7492

さてさて、初日の出はソロソロです。氷点下5度とありますが・・・・もう既に普通と感じてしまうようになってます。

******************************************************************

DSC_7494

まあ・・・・。元から期待してないというと強がりのように聞こえてしまうかもしれませんが、見えないものと思ってた分、残念感も皆無です。何でも宗谷岬で初日の出が拝めるのは10年に一回あるか、無いかとのこと。

宗谷岬でご一緒させていただいた皆さんに挨拶をして帰路につきます。

******************************************************************

P1060781

稚内から15kmほど走ったところ、天気がよろしくありません。あと稚内でガソリンを入れないと元旦は名寄までの約170km、ガソリンスタンドが開いてません。

******************************************************************

P1060785

170kmというとWR250では結構ぎりぎりの距離ですね。低燃費走行を心がけて走ってます。途中でガス欠なんて冗談ではなく、本気でヤバイデス。

******************************************************************

P1060786

何か今の状況でも雪が降り続いてて十分ヤバそうな感じはするのですが、紙一重で何とかなってます。というのは普通にグリップして視界もまだあります。

クロスAC10スペシャル万歳です。

******************************************************************

P1060796

・・・と思ったのもつかの間、ホワイトアウトです。

さっきのとこから5分も走ればこの有様です。往路でも一日の中に数回このような場面はあったのですが慣れ・・・ですかね。やっとカメラを出してネタを撮れるまで図太くなりました。

 

基本的に写真を撮るときって雪が止んでるときが殆どです。よって、晴れてる写真が殆どです。

勘違いしちゃいけないのは天気の移り変わりが激しく、気がつけばこんな風景が目の前に広がっている・・・てのが一日に何回もあります。

******************************************************************

DSC_7511

30分も走ればこの天気です。一喜一憂してたら身が持たないくらいコロコロ変わる天気ですが、日が差すのはやっぱりうれしいですよね。

******************************************************************

P1060805

先ほどの吹雪の名残です。平らなライト部分は一番積もりやすく、ライトの熱で雪が溶け、再び固まりを繰り返して厚い氷のようになります。

******************************************************************

P1060816

4時間ほどかけて道の駅・音威子府まで来ました。往路同様雪が少なくまだ走れる道でしたが確実に雪が積もってきてます。

******************************************************************

P1060813

それをリアルに実感させるようにラッセルが横切ります。

******************************************************************

P1060819

さて、このバイクの状態からして今までで最悪の状況です。

 

外装も白でわかりづらいですが、前面全面に雪が積もってます。音威子府が最後のオアシスでした。結論を先に言うと雪が激しすぎて道路の除雪が点で間に合ってません。

音威子府から20km、美深のあたりで既に前後輪のグリップ感なし、殆ど舵が利きません。そして雪が激しく10秒毎にシールドを拭かないと前が見えない。

******************************************************************

P1060825

そしていくらシールドを拭いても視界が良くならないと思えば、メガネが凍ってました。止まるたびに曇り止めを塗りたくらないとどうにもなりません。ただでさえ視界が最悪な状況でメガネはかなりつらいです。

コンタクト推奨です。

******************************************************************

P1060821

走っててホイールにここまで雪が付くって事は、これ以上に積雪してるということです。また、遠心力で雪が飛ばないくらいの低速でしか走れてません。実際10~15km/hがやっと。

******************************************************************

P1060818

そう。いたたまれず高架の下で休憩してたんです。やっぱり後続の方々も逃げ込んできます。

******************************************************************

P1060822

この方のセローはリアホイールがディッシュホイールになってます。みんなで何を悩んでたかというと、除雪車が来るまで待つか、待ってても雪は積もる一方なので名寄まで行ってしまう、の二択。

 

結局中途半端に待って除雪車はが来ず、更に深く雪が積もった道を名寄へ向かいました・・・・。

******************************************************************

P1060828

生きた心地がしないというのはこういうことですね。

泣きながら名寄に着いたのは午後の16時前です。本当に泣きそうになりながらも名寄まで一度も転倒しなかったのは意地です。何も考えず成るがままにこけてた方が楽かも・・・なんて。

 

音威子府から名寄までの50kmにかかった時間は実に3時間、平均約16km/h、ちなみに自転車で18kmくらい出ちゃいます。とりあえず走らないと立ち往生してしまうので必死ですよね。

そんな中ガソリンの警告灯が付いたときにはもう心臓が止まりそうでした。4人で走ってましたがこれほど心強いことはありません。一人だったらそこ等辺のバス停で一晩過ごしてたことでしょう。

******************************************************************

P1060830

名寄まで来れて何が一番嬉しいかって、ガソリンの心配が要らなくなったことです。ここから先はちょこちょこガソリンスタンドがありますし、2日になればガソリンスタンドも開き始めます。

******************************************************************

P1060829

とりあえず今日は日も暮れたので近くで泊まれる場所を探すことになりました。欲を言えば旭川まで行ってしまいたいのですが、ここから未だ70km・・・・・。

******************************************************************

IMG_1283

何とか寝床となりそうな道の駅には付いたものの、この視界です。今日は旭川を諦めようとも思ったんですが、今このとき、道路が除雪直後で素晴らしくコンディションがいい。激しく悩みます。

******************************************************************

IMG_1284

で、結局来ちゃいました、旭川。

吹雪がおさまったのをきっかけに出発したら当たりでした。初の夜間走行でしたがライトで道の凹凸がわかるので意外と走りやすいんです。しかし注意が必要なのは灯火類が雪で見えなくなり、追突される危険性が増すということ。

******************************************************************

P1060834

そして鍵穴が凍って鍵が抜けません。回るのでまだマシですが。鍵穴が凍るのはメインキーのみならず、ガソリンキャップの鍵穴も凍るようです。

私は事前対策として鍵なしのキャップに交換しています。

******************************************************************

IMG_1287

本日のホテルは往路でもお世話になったコートホテル旭川です。二人利用でツインの部屋が2000円/人お手ごろで、なんと言ってもグローブや装備類が一晩で乾くのが凄いうれしい。

今日はグローブワイパーを多用しすぎてヒタヒタです。そして休憩中にカチカチに凍ってしまい指が動かないためグリップヒーターで解凍する始末。

******************************************************************

P4-800_chart00_20140101_09

さてさて、本日の天気図は・・・・・低気圧直撃でしたね。

 

身をもって体験したので納得です。異論はありません。本日の走行距離は約270km、所要時間は14時間、平均19.3km/h、最低記録更新ですね。

******************************************************************

明日は小樽まで行っちゃいます。悪戦苦闘した初日と同じルートは通らず、併走する国道を変える予定です。とりあえず優柔不断な決定は痛い目にあうことを知りました。

 

明日は突っ走ります。

 

>>> #11 2013-2014 孤高の元旦宗谷岬アタック-5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です