#18 モンベル ムーンライト2型

by 十兵衛 on 2014年10月5日, no comments

P1030633

キャンプツーリングにおける定番テントの一つ、モンベル・ムーンライトです。 

例に漏れず私もキャンプツーリングで愛用しています。

 

P1070442

 

モンベルのテントが欲しいのではなく、ムーンライトが欲しい。

他のテントにはない魅力がたくさんある、私の大好きなテントです。

******************************************************************

・簡単設営

 

ムーンライトの特徴というと、特筆すべきは設営の簡単さです。

昔ながらの三角テントで、インナーは吊り下げ式、とてもシンプルな構造です。

慣れればペグダウンも含めて10分もかかりません。

P1070313

この様にインナーをフレームにつるすだけ。

P1070322

あとはフライを掛けてペグダウンすれば終わりです。

あなたはテントの設営に何分かかりますか??

 

******************************************************************

・居住性

P1070589

そして気になる居住性。入り口から見たらこんな感じです。

私は荷物が少ないほうなので、余裕で全部の荷物が入ります。

それでもまだ左側にはスペースがありますので、十分に余裕を持って眠れる空間です。

 

 

あと前後の窓(入り口)をメッシュにするといい風が入ってくるんです。

夏場でも寝苦しいことは殆どありません。

 

P1070115

そしてこれは冬のキャンプのとき。

シュラフがモンベルの#0で、かなり大きくなってますが・・・・・まだいけます。

防寒着など荷物は増えますがそれでも窮屈さはありません。

P1060723

こんな場面でもムーンライト率高いです。

 

DSC_9004

こうやって他の2人用ドーム型テントと比べると室内空間は明らかに狭く感じます。

 

******************************************************************

・前室

P1070493

私は靴を履くところ、と割り切っています。

前室で調理を。とか思ったこともありますが、フライやらインナやらが近くてちょっと怖いですし、やったことありません。

 

******************************************************************

・収納時の大きさ

P1070280

左から、緊急用のガソリン、テーブル、イス、グランドシート、ペグハンマー、ペグ、ムーンライト2型、銀マットの順。

大きさ的には銀マットと同じくらいで、荷物の中ではもっとも大きいものの一つです。

山岳用のテントとは比べ物になりませんが、ツーリング用テントとしては普通か少し小さいくらいと思います。

また、収納時の大きさはテントを丁寧にたたむか否かでも変わってきます。

******************************************************************

最後に、ムーンライトという名の由来。

月明かりがあれば設営できるなんて言われますが伊達ではありません。

DSC_0668

実際、夕焼けを見ててうっかり日が沈み、泣きながら設営と思いきや。

すんなり建ってしまうのがムーンライトでした。

DSC_0695

なんにしろ設営が凄く簡単で、私がお勧めのテントって事です。

******************************************************************

全てを満たす完璧なテントなんて存在しません。

もっとも優先すべき機能を取り、捨てるものは捨てましょう。

 

私は迅速な設営、撤収を優先し、居住性を捨てた結果、ムーンライトを選びました。

共感してくださる方には一押しのテントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です