#26 北海道・東北ツーリング-6/6

by 十兵衛 on 2015年3月1日, no comments

DSC_1620

(2014.08.14)

昨晩に青森上陸後、近くのネットカフェで一夜を過ごしました。 

 

この何もない岬は高野崎です。

対岸に見えるのが北海道の白神崎、今は憧れの龍飛岬に向かってます。

******************************************************************

DSC_1626

この高野岬からは3つの岬が見えます。

 

奥の方に見えてるのが、これから行く津軽半島最北端の龍飛崎です。

******************************************************************

P1080437

 

こういっちゃ失礼なのかもしれませんが、龍飛崎に行くまでは何もないです・・・・。

ひたすら向かう途中で興味本位の寄り道。

 

地味なところにトンネルが開いてます。

******************************************************************

DSC_1631

数十秒前から轟音が響き、やっと電車が出てきました。

 

青函トンネルの出口ですね。

近くの公園から写真を撮りましたが、列車の通過時刻が親切に書かれています。

******************************************************************

DSC_1639

・・・・・・長い。

******************************************************************

DSC_1645

往路のフェリーで早くも予定に組み込まれていたここ、竜飛崎です。

ようやくたどり着きました。

******************************************************************

DSC_1649

6月の花ってイメージの紫陽花がココでは8月の花になってます。

 

すずしいんですねぇ・・・・。

******************************************************************

DSC_1666

これから少し散策です。

 

自分も竜飛崎にあるって知らなかった、かの有名な階段国道。

そのまんまなので特に驚く必要もないのですが、本当に階段に国道のおにぎり看板が立ってます。

******************************************************************

DSC_1656

写真で見るのと実際に歩くのとでは全く違います。

ココに来るまでは観光客向けのパロディ国道か何かかと思ってたのですが・・・。

 

やっぱり本当に国道なのですね。

未だに信じられませんが・・・・。

******************************************************************

DSC_1657

ここも国道。

******************************************************************

DSC_1659

やっぱりここも国道。

 

四国の国道439号線(通称:ヨサク)らと共に日本三大酷道に挙げられる階段酷道ですが。

 

これは酷道というより歩行者以外は通れませんよ、お役所さん。

******************************************************************

DSC_1662

で、親切に階段国道って書いてある。

******************************************************************

DSC_1674

そして階段を歩いていたら靴の底が抜けるってアクシデントに見舞われました。

初日から浸水すると思ってたら、まさかの靴底が限界だったようです・・・・。

 

思い入れのある靴なだけに残念ですが、今まで使い倒した経緯を振り返ると、ここまで良く持ったなと感じます。

******************************************************************

IMG_2091

気を取り直して日本海側を南下します。

 

で、スマートフォンのナビでルートを検索するも、実際に走るとその道が無い。

この黄色い国道を南に下りたいし、ナビもそう指示してるのに・・・・無い。

******************************************************************

P1080438

 

ちょうど道の折れるところに来たら、さっきまで歩いてた階段国道の入り口でした。

 

ここでやっと階段国道を国道って認識しています。

地図には国道として表示される(国道だから当たり前)ので、何も間違えては無いのですがね。

 

汗だくに成りながら笑うしかないワタスィ。

******************************************************************

P1080444

ちゃんと別のルートがありました。

 

もうちょっと晴れてれば気持ちの良いツーリングスポットなんでしょうがね。

本州も不安定な天気が続くそうです。

******************************************************************

 

P1080454

ここは青森県弘前市にある富田の清水です。

名水百選にも選ばれていて、古くは和紙作りに利用されていた水です。

******************************************************************

P1080453

手前から飲み水用、野菜洗い用、とそれぞれの水槽の用途に暗黙の決まりがあるんですね。

******************************************************************

P1080455

以前からこういった名水を巡っていますが、ここのように昔から住民の生活と密接に関係していた湧水は、今でも大切にされている感じがします。

******************************************************************

P1080456

たかが水かもしれませんが、何か惹かれるものがあって全国の名水を巡ってます。

美味しい、美味しくないは正直わかりませんが、富田の清水みたく今でも大切にされている湧水に出会えると何か嬉しいです。

******************************************************************

DSC_1676

青森には名水百選に選ばれた水が二つあり、その二つ目はこちら。

渾神の清水です。

******************************************************************

DSC_1677

さっき行った富田の清水とは対照的で、山の中にぽつんとあります。

それも、道中不安になるほど人里はなれた寂しいところにありました。

******************************************************************

DSC_1679

また生での飲用は不可とあり、すこし残念。

こちらは坂上田村麻呂の眼病を治癒させたと伝えられる霊泉だそうです。

 

ある意味、富田の清水とは対照的な湧水でした。

******************************************************************

P1080457

渾神の清水に向かう道中、不安を感じたのは日没が近づいていたのも一つです。

ほんと、黄昏時って不思議な時間ですよね。

 

今ですか?

高速道路のSAで夕飯の買い出し&キリタンポなうです。

******************************************************************

P1080459

龍飛崎に居ましたよね??

 

と声を掛けてくださったのはホーネットのお兄さんでした。

このWRには過積載とも思える荷物が印象的だったそうです。

 

言われてみればそうかもしれないけど、これで林道とか突っ込んでますので乗った感じ満載感はありませんのです。

******************************************************************

P1080462

さて、今日は岩手県までくだり、二戸のミレットパークキャンプ場に泊まります。

 

この木の台がいいなーって思いましたが、ペグダウンできないため芝生の上に・・・・。

しかしながらテントサイトも綺麗にされていて、寝心地なども大変快適でした。

******************************************************************

DSC_1682

 

あー、何とか間に合いましたね。

お気に入りのヘリノックスチェアで休んでます。

 

正直焦りました。

適当なキャンプ場が見つからず、ここも距離があったため高速道路を使ってます。

 

それでも今日一日天気はもったし、満足な一日でした。

******************************************************************

P1080466

これも一度使ったら手放せなくなったsotoのストーブ。

今回の旅でもフルに活躍しています。

 

ただいま炊飯中・・・・

 

今日はさっきのSAで買ったご当地レトルトカレーで済ませます。

******************************************************************

P1080470

これ。

たしか500円くらいしたんダゼェ・・・・・

 

ほほー

と思いながら食べてましたが、もう少し香りが欲しいですね。

この手のレトルトカレーでは難しいことなのかもしれませんが。

 

明日は岩手から来たライダーさんに教えてもらった洞窟に行ってみます。

そしてツーリング最終日です。

 

雨だけ降らないでくださいね。南無南無。

******************************************************************

P1080471

(2014.08.15)

・・・・・この状況で察しが付く人は付くでしょうね。

わかっちゃいましたが、これから1000km弱を走る身としては憂鬱に成らざるを得ません。

 

今日は岩手県の龍泉洞に行きますよー。

岩手のライダーさんが言うには、すっごい綺麗なんだそう。

 

それだけが私の原動力です。

******************************************************************

P1080472

うんにゃー

それでもやっぱり雨は欝だ・・・・結構降ってます。

 

そして既に壊れた靴からは浸水しています。

******************************************************************

DSC_1687

つきましたよ。龍泉洞。

 

とりあえずめっちゃ寒い。

そして洞窟の中も水が滴ってます。

******************************************************************

DSC_1693

雨の中ずっと走ってきて冷えてる+洞窟の温度めっちゃ低いです。

お地蔵様も寒そうです。

******************************************************************

DSC_1698

龍泉洞は日本三大鍾乳洞の一つで、写真中央にチラッと見えるのは地底湖です。

 

三大鍾乳洞っていいますが、私のお目当てはその地底湖だったりします。

******************************************************************

DSC_1701

秋芳洞は苔が生えるからって理由で照明も最低限だった気がします。

それに比べてここは明るく感じますね。

******************************************************************

DSC_1703

あと通路も新しく、綺麗でした。

ただ雨漏り注意です。

******************************************************************

DSC_1715

地底湖は幾つかあって、これは水深98mの第三地底湖。

 

世界有数の透明度を誇る地底湖で、これまた名水百選にも選ばれています。

飲めないのがまた残念。

 

でも洞窟の寒さを忘れて見入るほど惹かれる地底湖でした。

またいつか来てみたいなと思う場所です。

******************************************************************

P1080476

朝の10時ごろ龍泉洞を出た後は、予報も雨なので帰路に着きました。

 

ぇーっと。ココですか。

本当に記憶が曖昧なんですが、首都高に入る直前のSAだった気がします・・・・。

 

お盆渋滞なめてました。

岩手で高速乗ってから事故渋滞や継続渋滞や自然渋滞や・・・、途切れることなく渋滞の道を数百キロ走ってきました。

10時間ほど走って力尽きてます。

******************************************************************

P1080477

もう朝ですよね。

静岡のSAのはず。

睡魔と闘い続けて東の空が明るくなった頃にベンチの上で果てました。

 

エピローグですか。

番外編に今回の北海道・東北ツーリング総集編を書きますのでそちらでお願いします。

 

書いてても思い出すあの渋滞。

壇ミッツはフェリーで快適な船旅満喫したそうで。

 

ぅ・・・・うらやましくなんかないもん。

 

>>> #27 北海道・東北ツーリング-番外編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です