#36 善光寺ご開帳ツーリング

by 十兵衛 on 2015年5月20日, no comments

DSC_7124

(2015.04.17-18) 

今年の春は雨ばっかりでしたね・・・。

桜が咲いたと思ったら毎週末のごとく雨、雨、雨、雨。

満開になって、いざ!!!!って気合い入れても・・・・・雨。

 

そして桜が散る頃には雨も落ち着いて、何なんだこれ状態でした。ジーザス。

 

でも桜も散って雨も落ち着いたそんな頃、雪国の桜はちょうど満開を迎えたそうやないですか!!

 

今は夜の10時。高速乗って行けば・・・まぁなんとでもなりますわな。

******************************************************************

DSC_7130

そう。なんとでも、

ならん!!!!寒い!!!

 

静岡の浜松から長野の長野市まで、高速で350km、岐阜に入った頃から空気が変わり、今は気温1度。

ほんまにこれ桜咲いてるんだろか・・・・・

 

ダウンももう仕舞っちゃったし、完璧春仕様の服装なのに気温は真冬っていう鬼畜プレイなうです。

サービスエリアに使い捨て懐炉が売ってて何とか何とか続行可能てとこです。助かりました・・・・。

 

気温的に凍結しててもおかしくない気温ですが、

とりあえず桜が咲いてるかだけ心配することにします。

******************************************************************

DSC_7187

長野市に着いたのは深夜の3時頃。

 

近くに桜の名所があったのでふらっと寄ってみたら満開じゃないですか!

しかも貸切。

 

三脚持ってきて良かったって本気で思いました。

******************************************************************

DSC_7289

 

この長野市の臥竜公園は桜の名所100選にも選ばれる公園で、お花見の名所中の名所です。

今ちょうど満開を迎えていてそれでもって貸切状態。

 

・・・・まぁ深夜の3時に誰も花見なんてしませんわな。

気温は4度です。

******************************************************************

DSC_7340

夜な夜な変なテンションで写真撮ってたら東の山の稜線が明るくなってきました・・・・

 

気づけばもう5時です。

まだまだ遊びたいですが、明日のことを考えて撤収します。

******************************************************************

DSC_7351

おはようございます。

今ちょうど朝の8時です。

 

6時くらいに起きて誰もいない善光寺を満喫しようと思ってたのですが、さすがに1時間で目覚めることはなかったです。

でも、善光寺近くのバイク用駐車場が8時からだったので結果オーライですね。

車の駐車場はもっと早くから空いてるようでしがた、この時ですでに長蛇の列ができていました。

******************************************************************

DSC_7356

ほほほほ。

善光寺も満開ですね。

 

満開の桜を見るのは今年、今日が初めてです。

それほど雨ばかりで、週末なんかは雨しかなかったような・・・・。

******************************************************************

DSC_7366

これから何か行事があるんですかね??

朱色のお坊さんが目立っていますが、その後ろに傘をさしてもらってる、更に高位のお坊さまがいらっしゃいました。

******************************************************************

DSC_7373

私も続いて門をくぐります。

 

初めて来ましたが、予想以上に大きなお寺でびっくりしてます。

そして朝の8時なのにもうこの人、人、人・・・・。

 

ご開帳イベント恐るべしです。

とりあえず回向柱に触ってきまーす。

******************************************************************

DSC_7375

・・・・やっと来れた。

上の写真でも人だかりができていますが、この柱の真下に来るまで押されもまれ。

 

この柱はご開帳の際に立てられる柱で、触ると前立本尊に触れたのと同じ御利益があるですって。

******************************************************************

DSC_7381

よく見ると綱が結ばれていてお堂の中へ続いています。

 

ふむふむなるほど。

今回、7年に一度、ご開帳されて拝むことができるのが、その前立本尊。

早速おがみに行きますが、もう30分待ちですって・・・・・。

オーマイブッダ。

******************************************************************

DSC_7397

前立本尊で手を合わせて、そのままお戒壇巡りの列(45分待ち)にも並び、2時間が経過しています。

お戒壇巡りはご開帳している時以外でも入れるようだったので、あえて並ぶ必要なかったですかね?

 

とりあえずなかなか楽しいお寺でした。

楽しい?何が?って、このお寺、宗派がない?らしいのです。

大抵のお寺は真言、浄土、天台宗など、それぞれの宗派があるんですが、善光寺はそれがない。

 

そんな前知識無しに来ても、お寺を見初めて少し経つと何か違和感を感じるんです。

で、ググってみると、左様なお寺だとのこと。

 

気にならない方には普通の大きなお寺かもしれませんが、

興味のある方には大変興味深いお寺だと思いますよ!

******************************************************************

DSC_7425

さっきの(?)お坊さまがおかえりになるようです。

何か箱根駅伝のゴール付近の様相ですね。

 

こうやって数珠で頭を撫でていただくために、待ってはるんだそう。

それにしてもこの2時間で更に人が増えてますね。

******************************************************************

DSC_7446

もう既に回向柱へたどり着くのは不可能かもしれません・・・・。

私なら2秒で諦めることができます。

 

恐るべしご開帳。

私はもう満足したので、そろそろつぎに向かいます。

*****************************************************************

* DSC_7457

善光寺のお土産は七味唐辛子にしました!

お焼きは私の朝ごはん兼昼ごはんです。

 

今回は高速道路多用のお花見ツーリングのため、グルメは超低予算編成なのです・・・・・。

******************************************************************

DSC_7458

次は一気に飯田まで下ります。

少々ガスってる空模様ですが、雲ひとつない桜日和です。

 

が、ここに来て睡魔に襲われ、気づいたら芝の上で30分が経っていました。

そりゃあ1時間しか寝てないし、走行中じゃなくて本当に良かったです、ワタスィ。

******************************************************************

DSC_7465

不幸中の幸いにもサービスエリアで睡魔に襲われた私は何とかお目当の桜の木までたどり着くことができました。

この樹は飯田市にある黒船桜!

 

ちょうど黒船が来航した年に植えられたシダレサクラで、誰が呼ぶでもなく、黒船桜と呼ばれるようになったんだそう。

でも黒船ってことは、1853年。今から約150年以上前からここにあるんですね!

******************************************************************

DSC_7473

老木の桜って枝に支えが入ってあったり、シダレサクラは枝が低く這っているイメージが強いです。

桜の品種はよくわかりませんが、このシダレサクラは自分の知ってるシダレサクラとは少し違った雰囲気でした。

何か力強さを感じて、こんなシダレサクラもあるんだなーって。

 

ちなみにこの石碑は墓石です。

でも何かこの雰囲気嫌いじゃないです。いい桜でした。

******************************************************************

DSC_7517

今回は(今回も)なかなか弾丸ツーリングでしたが、善光寺にせよ、黒船桜にせよ、自分としては濃いスポットを巡れて良かったかなと思います。

ただ、眠い。

弾丸は弾丸でも、歳と体力を考えて弾丸しないとですかね・・・・。

 

 

さてさて、次はどこへ行きましょうかね。

******************************************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です