#4 気まますぎる関東・東北の旅

by 十兵衛 on 2013年10月15日, no comments

DSC_5976

(2013.08.11-08.14)

今年のお盆休みは九州に出かけようと考えていたにもかかわらず、前日にどう風の向きが変わったのか東北へいくことに。

 

そして以前から中尊寺や喜多方ラーメンなど、東北旅行がしたかったのも、行き先変更の決定打となりました。

 

もう九州という単語は頭の片隅にもありません。

ついさっき、会社で弾丸九州旅行に行くと豪語していたのは自分ではない、他の誰かということに。

******************************************************************

<1日目>

 

地図は出発の朝に買いました。24時間営業のTSUTAYAで。

初日は静岡県浜松市から宮城県気仙沼市までの750kmを一気に北上します。

その後は下道を南下しながら行きたいところをブラブラして帰る。

 

前日に計画したプランとしては上出来だと思いませんか。


より大きな地図で 東海道/国道152号線への運転ルート を表示

******************************************************************

<2日目>

 

DSC_5961

世界遺産平泉、中尊寺の境内で見つけた消防車、配備されたときは最新式だったのですかね。

今ではお寺の雰囲気にすっかり馴染んでるように思います。

DSC_5966

南下を続け、国道から田園風景を眺めていると、田んぼを真直線に突っ切る線路を発見し、すかさず寄り道です。

これも一人旅ならではのと言いますか、無計画ならではの自由さですかね。大好きです。

DSC_5976

それにしてものどかです。

荷物満載のバイクで躊躇無く、農道に入っていけるのも、WRを選んでよかったと感じる瞬間です。

写真 (3)

この日は喜多方市まで南下し、有無を言わさず喜多方ラーメンを食べに出かけます。

ただ、閉店時間がどの店も早く、19時にはほとんど閉まってしまいます。

既に18時を回っているため、21時まで開いている「味平」にて初めての喜多方ラーメンを食べました。

しょうゆ味でした。

******************************************************************

<3日目>

 

写真 (4)

一晩明けた翌日。

この日も南に下るのですが、正直なところ昨日の喜多方ラーメンに納得がいかず、初めての朝ラーです。

 

「一平」朝の6:30、開店の30分前にもかかわらず長蛇の列が出来ています。

 

意味不明です。

 

でも食べて初めて理解できました。アホみたいに美味しいのです。

普段はコッテリとんこつ派の私ですが、久しぶりにラーメン食べて感動しました。

しかも醤油ラーメンで。素人ながら満を持しておススメです。

DSC_5983

更に更に下ります。

ここは群馬県、日光東照宮です。徳川家康が神として祀られています。

しかしながらこの家紋を見ると8代将軍のイメージしかないのは私だけでしょうか。

写真 (5)

ここに家康が祀られているのですが、ここに来るまでに2時間弱。

お盆恐るべし人の多さでした。こういうところはひっそり静かに訪れてみたいものですね。

また、撮影は禁止でしたが薬師堂の鳴龍は驚きです。

写真 (6)

本日のグルメは宇都宮の餃子です。二系統ある店のうち、正嗣へ向かいました。

理由は尋ねた地元民が正嗣押しだっただけです。

確かコレで500円もしなかったような気がします。美味しいのはいうまでもなく。

image (1)

ただ、慎ましく一番端のカウンター席に座った私の前にこいつがいました。

食べるのに集中しないと、見たら負けです。負けると笑いが止まらないので注意です。

私の中では当たりの店でした。

******************************************************************

と。最後の締めが呪怨招き猫になってしまいましたね。

このまま栃木から浜松へ弾丸帰還するはずが、パンクや渋滞などに会い、神奈川の友人宅へ転がり込む羽目に。

酒宴の末、4日目にこの旅は終わります。

 

初めての東北旅行、感じたことはコレだけではありません。

複雑な思いもある中で、都会の喧騒から離れた、穏やかな旅をすることが出来ました。

 

さてさて、次は何処へ行きましょうかね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です