#42 四国八十八ケ所巡りお遍路さんの旅-2/2

by 十兵衛 on 2016年2月16日, no comments

前回のお遍路さんから約1週間後、再び四国に帰ってきました。 

今回の旅でお遍路さんは一区切りつく予定です。

DSCF9553

今回のお遍路さんで印象的だったのが、第55番札所の南光坊さん。

本堂と大師堂にお参りして、御朱印をいただきに行くと、とても気さくなおじいさんが対応してくださいました。

後で聞いた話では、ここの名物おじいさんなようで。

住所と名前が書いてない私の御朱印帳を見て、素敵な名札を和紙に書いてくださいました。

大切な御朱印帳だから、帰ったら自分でちゃんと名前と住所を書かくんだよ。

と、おっしゃってましたが頂いた名札が素晴らしすぎて未だに書いてません・・・・。

DSCF9586

この第60番札所の横峯寺さんは知る人ぞ知る難所の一つ。

冬季は有料の自動車道が閉鎖されるため、いつにも増してアクセスが困難になります。

が、通れる時は通れるようで、この道。一つ手前のお寺さんで通れるか否か教えてもらうことが出来ました。

運良く近くまで自動車で行けたのはいいものの、それ以上はこの通り徒歩になります。

あと、スタッドレスタイヤは必須です。

DSCF9628

横峯さんに続いて第66番札所の雲逢寺さんも難所として知られる札所です。

山登りをするか、ロープウェイに乗るかの二つに一つ!

言うまでもなくロープウェイを選びましたが、運行時間が20分に一本なので計画的なお参りで時間を節約しましょう。

ちなみに2016年1月現在、往復2000円でした。

DSCF9635

ロープウェイの駅から本堂までも少し距離があります。

少し余裕を持って1時間くらい時間を取ると、ゆっくりお参りできていいかもしれません。

私は40分で戻ろうと思ったがために、急ぎ足のお参りになってしまいました。

DSCF9648

寛永通宝のオブジェ(?)一度は目にしたことがあるんではないでしょうか。

香川県善光寺市にある銭形砂絵です。実際は楕円状の砂絵なんですが、展望台から見ると円形に見えるようになっています。

第68・69番札所のすぐ裏側に展望台があるので、ついでに寄ってみるといいかもしれません。

DSCF9655

そして四国霊場の中で唯一、二つの札所が同じ境内にあるのが、その第68・69番札所です。

ただ、することは他と同じで、それぞれの本堂と大師堂にお参りします。

納経所は69番の観音寺さんにありますので、そこでいただきます。

DSCF9816

始まりがあれば終わりがあるもので、ここが最後の札所です。

実際は3回に分けて88箇所をお参りしましたが、遠方に引っ越したり時間が取れなかったり。

ここまで来るのに5年が経ってしまいました。

DSCF9804

境内には結願御礼の石碑が無数に並びます。

私はバイクと車で周ったので、歩きのお遍路さんに比べれば、精神的にも肉体的にも天国同然です。

しかし不思議なもので。

本堂でいつも通りに、いつものお経をあげようとしても声が出ないんですよ。

十善戒を意識しながら、自分なりにストイックなお遍路さんをしたつもりでしが、

このお遍路さんで気付いた自分の未熟さ全部が走馬灯みたいに浮かんできて。

有終の美を飾る男泣き。ではなく、自分の未熟さに涙した十兵衛でした。

無論、周りの人たちの目には、前者の様に映ったでしょうが。

DSCF9983

お遍路さんに終わりはありませんが、一区切りついたのは確かです。

ここはいつもお世話になっている香川のゲストハウス「そらうみ」さんの多分一番いいお部屋。

いつも清潔感であふれていて、四国に来た時はいつも寄って帰ります。

恒例(?)のみんなでお食事会も楽しみで仕方ありません。

さてさて、次はどこへ行きましょうかね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です