#44 アメリカ横断の旅 1

by 十兵衛 on 2016年8月11日, no comments

(2016.06.24-)

アメリカなうです。

東北・北海道と同緯度にあるシカゴの冬は厳しく、ようやく夏が来て温めといた計画を実行する時が来ました。

目的地はグランドキャニオン、車で!

シカゴからだとルート66の旅をされる方も多いですが、私は興味ないので高速道路でいっちゃいます。

さてさて、今回の旅の主な旅程はこんな感じで。総走行距離は約5,000mi(8000km)と今までで最長の移動距離となる予定です。さすがアメリカ。

【1日目】

イリノイ州シカゴ→コロラド州パイクスピーク(移動日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【2日目】

パイクスピーク・ヒルクライムレース観戦

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【3日目】

→ユタ州アーチーズ国立公園→アリゾナ州モニュメントバレー

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【4日目】

アンテロープキャニオン

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【5日目】

→ザイオン国立公園→ブライスキャニオン国立公園

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【6日目】

→レイクパウエル(休息日)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【7日目】

→グランドキャニオン

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【8日目】

→ニューメキシコ州ホワイトサンズ国立公園

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【9・10日目】

→イリノイ州シカゴ(移動日)

***********************************************************************

車は色々事情がありレンタルしました。

KIAって聴きなれませんが、韓国車ですね。インド人のマネージャは

「KIA?!KIAでアメリカ横断するのか?!なんてクレイジーなんだ!!!

                なんで日本人のお前が日本車乗らないんだ??!」

「フォードのSUV借りれると思ったらKIAだったよ。うふふ」

「だからなんで日本車じゃないんだ?!FORDもな、Fix Or Repair Dailyの略なんだぞ(笑)」

みたいに言ってましたが、反対に韓国車なんか乗らないから、いい機会かなぁと。

******************************************************************

1日目は移動日で、コロラド州のパイクスピークを目指します。

明日の18時までに到着しないと、パイクスピークの特設キャンプ場に入れません。

約20時間で到着する必要があるので、差し引き4時間余裕があるわけですね。

(一切休憩せず16時間走り続ければ・・・)

******************************************************************

行程は95%が高速道路です。ひたすら走るのみ。何より時間がない(笑)

さて、ここは途中で寄ったガソリンスタンドなのですが、こう見ると少し大きなスタンドに見えます。

***********************************************************************

が、実は予想以上に巨大なスタンドだったります。このトラック一台一台が日本のトラックと比べものにならんくらいでかい。

***********************************************************************

高速道路はシカゴなどの都市部を除いて無料です。

今回は1日目で1,000マイル(1,600km)を走りましたが、料金は5ドル程度でした。

ただ、日本みたいに高速道路の途中に休憩所がいっぱいあったり、充実した設備が整ってるってわけではありません。

ここはトイレ休憩所ですが、トイレと自動販売機が2,3台あるだけで、本当に休憩所って感じです。

***********************************************************************

なのでガソリンの補給などは一度、高速道路を降りる必要があります。

と言っても、高速道路をでたらすぐに巨大なガソリンスタンドと、24時間営業のお店があるので不便は感じませんでした。

高速道路降りても、料金がかかるわけでもなく。アメリカの高速道路は本当に快適です。

***********************************************************************

イリノイ州→アイオワ州と夜通し走って、ネブラスカ州あたりだと思います。

アイオワ州は夜のうちに走ってしまったのでわかりませんが、およそこの風景と変わりないと考えられます。

***********************************************************************

高速道路からちょっと寄り道してます。

こんなところだと、出口はあっても「No Service」(なにもない)だったり。この出口もそうでしたが、誰が何のために使うの?!この出口(笑?)ってのが多々あります。

**********************************************************************

なのでガソリン残量にかなり気を遣いました。

高速道路の両脇がこんなところなので、ガス欠なんかなろうものなら・・・・ねぇ。

***********************************************************************

 

これはかなり斬新に思えたトレーラーヘッドの輸送方法。おそらく新品のトレーラヘッドでしょうが、斬新すぎるでしょう。

日本じゃまずお目にかからないレアなシーンでした。

***********************************************************************

あと高速道路についてもう一つ。

高速に限ったことじゃないんですが、道路の水はけが最悪です。

確かに夕立の激しさもアメリカンな激しさですが、その両方となると、かすかに見える赤い点々(テールランプという)を追うしかなく。

ワイパーMAXもワイパーOFFも視界に変化はありませんでした。

***********************************************************************

ネブラスカ州を超えてコロラド州に入ると、山を登っていく感じになります。

今まで平坦な道をひたすら真っ直ぐ走ってたので新鮮です。あと緑の山も。

***********************************************************************

 

17時過ぎ、なんとか、なんとかパイクスピークに入場できました・・・

レースは明日の朝8時開始ですが、パイクスピークのドライブウェイが完全封鎖されるため、8時以前に観戦場所まで行かなければなりません。

じゃあどうなるかと言うと、夜中の3時ごろからパイクスピークの入り口で大渋滞が始まるようです。

***********************************************************************

じゃあ前日入りしてキャンプでしょう!ってことでこうなりました。

事前にキャンプ許可を取る必要がありますが、要はカネですか。キャンプするだけで150ドルほど必要ですが、前日の宿代と深夜3時から大渋滞に巻き込まれるのを比べたら安いとは言いませんが、こちらを選びます。

***********************************************************************

私が予約したのは9milと呼ばれるキャンプサイトです。

かなりスタート地点に近いところですが、標高は約3000mあり、テント立てるだけで息切れが激しい。

おまけに徹夜で走り続けて体力もなく、高山病まっしぐらです。というか目眩が・・・・

***********************************************************************  

こんな標高高いところって富士山登った時以来で、しかもテントを立てる?

想像以上でした。

ただお腹はすいてきたのでご飯です。なんだかんだ前室でご飯食べるのは初めてでした。

あとアメリカのインスタント食品って意外と美味しいです(笑

***********************************************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です