#48 アメリカ横断の旅 5

by 十兵衛 on 2016年9月4日, no comments

旅も終盤に差し掛かり、今日はついにグランドキャニオンです!

ノースリムとサウスリムがありますが、私が向かうのはメジャーなサウスリムの方。

朝から雲が多めなのが気になりますが、そんなこと言ってらせません。

今日はグランドキャニオンに行くよりも、

朝一で早い者勝ちのキャンプサイトを抑える必要があります。

これ取れなかったら車中泊決定ですよー

***********************************************************************

・・・・・取れた。

着いたのが朝の7時過ぎでしたが、まだキャンプサイトを選ぶ余裕がありました。

***********************************************************************

上の機械でお金払って領収書を貼っておくと、レンジャーのおじさんが来て「OCCUPIED」(使用中)の紙を貼ってくれます。

なので、基本的にキャンプサイトの番号札に紙が貼ってあるサイトは誰かが使用中、貼ってないサイトは空きサイトになります。

***********************************************************************

    

富士山とかでもお決まりのこれ。

昼間は日差しがあって暑いくらいなのですが、標高が高いため朝晩はかなり冷え込むようです。

キャンプ場をでるところにガソリンスタンドがあるので補給してから行きます。

なんたってキャンプサイトからグランドキャニオンまで約40km離れてますから・・・・・

***********************************************************************

    

キャンプ場を跡にした頃にはすっかり雲も晴れて、この景色ですよ!

Webサイトとか、写真とかみて、正直何がいいのかよく解らず、当初の目的もアンテロープキャニオンだったりと、あまり期待はしていなかったグランドキャニオンでしたが・・

***********************************************************************

    

めっちゃええですがな。めっちゃグランドですがな・・・(汗

いやはや本当に、「グランド」キャニオンと呼ばれる訳が来て初めてわかりました。

周囲のどの国立公園と比べてもそのスケールと壮大さは桁外れです。

***********************************************************************

  

ちなみに車はビジターセンターまでしか入れないので、それより先のトレッキングコースへは無料のバスにて移動します。

トレッキングコースも策も何も無く解放感満点です。が、落ちると約1200m下まで真っ逆さまです。

遠近感がおかしくなるほど切り立った断崖絶壁で、圧倒的なスケールです。こりゃあすごい。

***********************************************************************

ただし、真夏は水分補給をしっかりしてくださいね。

バスの終点には無料の湧き水(?)があります。

保証は出来ませんが、お腹の弱い私が飲んでも何もありませんでした。

***********************************************************************

サウスリムには鉄道でもアクセスが出来て、高級そうなホテルがいっぱいあって、いつかはそんな優雅な旅もしてみたいものだなぁと。

***********************************************************************

  

夕方はあいにくの雨で夕焼けは無理かーって諦めてましたが、

その代わりに大きな虹がかかってました。

15mmの超広角レンズでも入りきらない大きさで。しかも二重で。

グランドキャニオンでは唯々その雄大さに圧倒されるばかりでした。

***********************************************************************

  

帰り道が大渋滞してて、事故かな?って思ったら大きな鹿が道路をペロペロしてました。(謎)

ぶつかったり、ぶつかられたりしたら、車もひとたまりもない大きさで皆んな恐る恐る通過・・・・

そう。結局キャンプ場は雨ザーザーだったので、止むまで車で待機してたらそのまま寝てました。

↑最終的に車中泊ですね・・・

***********************************************************************

さて、翌朝は日の出を見にデザートビューポイントまで。

マーサポイントの日の出が一番綺麗と言われますが、この曇り空なのと、40km+バス+徒歩の移動が面倒なのと、人混みが嫌なのと・・・

などなど枚挙に厭わない行きたくない理由のため、キャンプ場から5分のココに来ましたが・・・

このスケールからくる雄大さは曇ってても変わらず、”グランド”な朝でした。

***********************************************************************

     

標高が2500mあるグランドキャニオンは曇りでしたが、下界はいい天気です。

今日はグランドサークルと呼ばれる国立公園群から離れ、帰路といえば帰路についてます。

目的地はグランドキャニオンの南東、ニューメキシコ州にあるホワイトサンズ国立公園です。

***********************************************************************

  

今まで茶色い景色ばかり見てきたので、この白い砂漠は感動ものです。

グランドキャニオンや他に見てきた国立公園ほどの規模はありませんが、

日本の鳥取砂丘が約545ha(5.45km2)、

ここホワイトサンズが約70,000ha(700km2)と128倍の大きさです。

ちなみにグランドキャニオンは492,700ha(4,927km2)で約900倍。

鳥取の面積ですら3,500km2・・・アメリカン。

***********************************************************************

  

少しカメラのホワイトバランスをいじってるのもありますが(2枚目の青っぽい写真)、

ここも時間が経つにつれて砂の色が変わっていき、変化に富んだ風景が楽しめました。

***********************************************************************

今日のキャンプ場はここから車で30分、すでにテントも設営済みなので暗くなるまで遊びます。

・・・・が!!!!!調子に乗りすぎて帰る方向が解らなくなりました。(イヤ、マジで)

周りを見渡しても白い砂丘があるだけで、おおよその方向は解るものの、車を止めた位置が解らない!

しかも日も暮れて余計解らない!周りに目印になる光も見えずにかなり焦りました。

皆さん、くれぐれもご注意ください。

***********************************************************************

そんなホワイトサンズでやらかした夜から明けて、本格的に帰路に着きます。

帰りは往路の南側を通り、テキサス、オクラホマ、カンザス、ミズーリ州をまたいで1,500mi(2,400km)、21時間の道のりです。

オクラホマでキャンプして翌日にシカゴ到着予定です。

***********************************************************************

 

一般道なのですが、ナビは328mi(527km)先を右折。

漠然と走ってると、だんだん良からぬ考えが浮かんでくるもので。

街に入って電波が入った時にキャンプ場をキャンセル、20時間2000kmの旅が始まりました。

 ***********************************************************************

日本じゃ途方にくれるような距離も、アメリカじゃ希望を持って走れる不思議な感覚があります。

大好きです!アメリカ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です