#49 アメリカ横断の旅(まとめ)

by 十兵衛 on 2016年9月6日, no comments

さてさて、アメリカ横断、と言ってもシカゴからロサンゼルスまで行ったわけでも無く、ルート66に倣った旅でも無く。

厳密に言えば、ほぼアメリカ横断の旅と改めるべきタイトルなのかもしれませんが。

今回、初めて海外で自動車+キャンプ旅行ってことで集めた情報をまとめておきたいと思います。

***********************************************************************

・行程

【往路】

・距離 : 2,814mi (4,528km)

  • 1日目 移動日 パイクスピーク (キャンプ泊)
  • 2日目 パイクスピーク ヒルクライムレース観戦 
  • 3日目 アーチーズ国立公園 モニュメントバレー (キャンプ泊)
  • 4日目 アンテロープキャニオン モニュメントバレー (キャンプ泊)
  • 5日目 ザイオン国立公園 ブライスキャニオン国立公園 (キャンプ泊)
  • 6日目  パウエル湖 (キャンプ泊)
  • 7日目 グランドキャニオン (キャンプ泊)

【復路】

・距離 : 2,129mi (3,426km)

  • 8日目 ホワイトサンズ国立公園 (キャンプ泊)
  • 9日目 移動日
  • 10日目 移動日 シカゴ着

***********************************************************************

・キャンプ場

アメリカの主なキャンプ場は以下のサイト(Recreation.gov)から検索できます。今回の旅行では8日目(ホワイトサンズ)のキャンプ場を予約する際に利用しました。また、今回利用したキャンプ場の詳細を表に示します。

Recreation.gov URL : https://www.recreation.gov

日目 キャンプ場 料金 特記事項
1日目

パイクスピーク

$210

レース観戦チケット$60

サイト使用料$150

レース開催時のみ

2日目

レース観戦後

徹夜でアーチーズへ

3日目

4日目

The View

モニュメントバレー

$20

(1泊)

 ホテルのサイト内に

キャンプ場の案内あり

5日目

Bryce Canyon Pines Motel

ブライスキャニオン

$30

モーテルのサイト内に

キャンプ場の案内あり

6日目

Lake Powel

ペイジ・パウエル湖

 $26  

7日目

 DesertView camp ground

グランドキャニオン

 $10

 予約できず

早い者勝ち

8日目

Oliver Lee Memorial

ホワイトサンズ

$28

recreation.govから予約

9日目

自然とハイな気分になり

そのままシカゴへ帰る

***********************************************************************

・キャンプ道具の調達

アメリカでキャプは大人気のレジャーであるため、ウォルマートでも拘らなければキャンプ道具一式が揃います。(テント、寝袋、コンロ、マット、アウトドアチェア)

私が主に利用したのはWEBとシカゴ郊外のCabela’s(カベラーズ)、Rei(レイ)というアウトドアショップです。日本のブランドではスノーピークなどが手に入ります。モンベルは見かけませんでした。

店舗名 所感
ウォルマート

とりあえず揃えるには十分

日本のホームセンターレベルの装備が揃う

Cabela’s

アメリカンな巨大アウトドア専門店、歩くだけで楽しい

キャンプ関連は中級までの装備がなんでも揃う

虫除け、ライフル、ボート、トラクター、何でもあり

Rei

キャンプ関連はオリジナルブランドの商品が多いが、

山岳用テントや極地用シュラフなど上級装備まが揃う

日本でいうモンベルやスノーピークの様なショップ

私はMSRのテントやコアなキャンプ道具が欲しかったため、WEBストア(BaseGear.com)やAmazon.comなどを合わせて利用しました。アメリカブランドのキャンプ用品なら日本より安く手に入ります。

***********************************************************************

・車中泊について

車中泊はしてはいけません。

睡魔に勝てず安全のため休憩を取る、程度なら止むを得ませんが、車中泊はしてはいけません。

全く説得力なくてごめんなさい。でもこれは現地の友達、同僚から何度も、キツく言われたことなので本当に守らないと身の安全が保障できない様です。その時聞いたお話は以下のとおり。

  • 怖いお話1 車内で居眠りをしてたらドラック中毒者が窓を叩いて何か叫んでる
  • 怖いお話2 居眠り中に浮浪者に車を囲まれ、食事を奢るよう強要される
  • 怖いお話3 ホールドアップ(拳銃(の様なもの)を突きつけられ身ぐるみ剥がされる)
  • 怖いお話4 ウォルマートの駐車場で睡眠をとってたら警備員に不審者扱いされ追い出される

特に危ないと注意されたのは、高速道路沿いの休憩エリア、トラックステーションなどなど。

日本では市民権を得つつある車中泊ですが、アメリカに道の駅みたいな安息の地はありません。

車中泊をするならキャンプ場には入り、その10〜30ドルで安全を買う必要があります。

 

私の場合、睡魔でどうしようもなくなった時は

  • 可能な限り車の出入りが多い休憩エリア、トイレの前を選んで休む
  • 他に車内で寝ている車の隣などで休む
  • モンスターエナジーを大人買いして頑張る

です。

皆さんくれぐれもお気をつけて。

***********************************************************************

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です