#5 気まますぎる関東・東北の旅 番外

by 十兵衛 on 2013年12月17日, no comments

 

#4 気まますぎる関東・東北の旅では急に目的地を九州から東北へ変更しました。

 

たまたま、出発前夜のニュースで東日本大震災の被災地が取り上げられていたのが発端です。

震災後3年目にして遅々と復興が進まない現状に衝撃を受けたというのが一先ずの経緯でした。

 

当初は「#4 気まますぎる関東・東北の旅」と一緒に書いていた記事でしたが、書いている途中で複雑な心境になり、震災に関する部分を省いてしまいました。

それでも微力ながら今の現状をお伝えできればと思い、その一部をここに書かせていただきます。

******************************************************************

写真 (2)

気仙沼に着き、少し海岸沿いに出るだけで結構ショックを受けます。

テントのグランドシートを忘れ、ペグハンマーはあるのにペグが無いという状況が全然どうでもいいくらい、ショッキングな光景でした。

この夜、早々に寝付けたのは長距離を走った疲れゆえかもしれません。

 

 

******************************************************************

DSC_5915

 

何もないところに取り残された大きな船があります。

 

ここは造船所。

 

では無く、住宅地が広がっていたそうです。

この船、第18共徳丸は津波でここまで流されて来たものです。

 

DSC_5930

歩道ではなく、震災後、新しい道路が古い道路の上に造られています。

住宅の基礎も残ったままでした。訪れた当初、田園地帯かと思ってしまうほど何もかも消えてしまってます。

 

正直、見ているのが、ここにいるのが辛かったです。

ここに津波が押し寄せて家々を壊し、流していったという事実をテレビで知っていても、それが信じることが出来ません。悲惨、と言うことを伝えたいのですが私はそれ以上の言葉を持ち合わせていません。

メディアを通じては全然伝わってこないのだなと、初めて実感しました。

 

震災、津波でお亡くなりになられた方々の、ご冥福をお祈りいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です